FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

成木川 源流をゆく_3 源流~馬乗馬場・・・ 2019-08-11  

成木川 源流をゆく_3 源流~馬乗馬場・・・ 2019-08-11

534 地図の③辺りに支流側、面白そうな沢があります。
☆IMGP7534

行く人はいないでしょうが、もし行かれる場合、道は無いので自己責任で・・・

前回は
 成木川 源流をゆく_2 林道常盤線

林道_常盤線の終点(と思われる)で補給して一息入れ
さて、何処が源流なのか さまよってみます。

林道の終点には水場、自転車ラック、駐車スペースが有り結構広いですね。

ここから先は谷沿いを直進する狭い道と右へ曲る作業道とに分岐しています。

◇ 地図
☆黒山 成木川源流 国土地理院

522 林道終点の更に奥(谷沿いの道)
☆IMGP7522

取り敢えず谷に沿って細い山道を行ってみるのだが、ここで自分の失態に気が付きました。
ナントやわなスニーカーを履いているのです。

実は6月にこの靴で滑り、左脚を捻ってまだ完治してない・・・
それで山に入る可能性がある場合はトレッキングシューズということに
決めていたのですが、忘れてここまで着てしまったのです。

524 
☆IMGP7524

さて、どうするか迷ったが、仕方なくこのまま行けそうな所まで無理せず行くことにします。
当然、先々に面白そうな崖や獣道があったとしても今回は自制することにして

525 面白そうな道が谷沿いに続いていますね。
☆IMGP7525

527 
☆IMGP7527

528 古い石垣が残っています。林業の盛んだった頃に造られたのでしょうか。
☆IMGP7528

529 良い感じの谷道・・・
☆IMGP7529

530 支流の谷・・・紅葉樹が明るい緑でとても美しい。
☆IMGP7530

何時もであれば、踏み込んでみるのですが、今日はリハビリで靴も軟なもの
自制、自制・・・

531 水は流れていて本流と思われる谷。
☆IMGP7531

533
☆IMGP7533

535 少しだけ支流側に、これは素晴らしい緑です・・・
☆IMGP7535

537
☆IMGP7537

541 林道終点から谷の出合いまで来ました。
☆IMGP7541

この先を行けば(道があるかどうかは分からないが)黒山に行けそうです。
ここは登山道ではないが、左の谷を行けば恐らく岩茸石山のルート、
右に行けば小沢峠からのルートと思われます。
しかし実際に歩いてないので道の難易度は分からない(行かれる方は自己責任でお願いします)

542 地図の②辺り、丸太を渡した簡易な橋があります。
☆IMGP7542

良い目印なので、今日はここまでとします。
たぶん、左右どちらの谷を遡っても黒山までは然程時間はかからないでしょう。
もちろん、体力が余っている場合、道は有りませんが左右の谷の間(尾根)を登っても大丈夫・・・

544 右側の谷、水は見えませんね。
☆IMGP7544

丸太の橋を渡ったところで、成木川の流れ出しはこの辺と仮定して
取り敢えず林道の終点まで戻り、もう一方の道(作業道)を行ってみることにする。

545 戻りの道
☆IMGP7545

548 林道常盤線の終点まで戻り、右(作業道?)へ行ってみることにします。
☆IMGP7548

549 
☆IMGP7549

550 こちらは支流のようですね。
☆IMGP7550

551
☆IMGP7551

553
☆IMGP7553

556 幅はあるのだが、荒れていますね。
☆IMGP7556

557
☆IMGP7557

559 
☆IMGP7559

560 何回か左右に曲がりながら登っていくと作業道の終点に到着 
☆IMGP7560

562 地図①を見るとここは「馬乗馬場」・標高776m
☆IMGP7562

馬乗馬場(読み:まのりばんば)頭頂が薄い私にはマッタク読めませんでしたね。
WEBによると畠山重忠(武蔵の国の有力御家人、平安時代末期~鎌倉時代初期)の
一行がここで馬を休ませたと有るが、調教をしたとの説もあるとか。

561 馬乗馬場、こちらは小沢峠からのルートと思われます。
☆IMGP7561

563 ここから黒山を経由して棒ノ峰というルートもあるのです、
☆IMGP7563

564 黒山への道
☆IMGP7564

今日はまだリハビリの身で、シューズもヤワのためにここまでとします。
結局、流れ出しの一滴を確定することは出来なかったが、源流付近までは詰めたはず。

567 地図④さて、水場で一休みしてから谷川沿いを帰ることにします。
☆IMGP7567

◇ AddElm ブレスレット
AddElm ブレスレット 
リンク先のタマチャリン氏がデザインに関わられたAddElm ブレスレット
ご興味のある方はこちら
 AddElm まで
林道・自転車で有名な
 林道タマチャリン 氏はナント著名なデザイナーでもあったのです。

*** 成木川 源流をゆく -4に続く ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 22:59 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

コメント

>>542 丸太を渡した簡易な橋があります。
丸太が通してあるってことは、一応正式に道が続いてるってことなんでしょうかね?
道がある様には見えないのですが f(^_^);;
沢の景色は素晴らしいですが、ちょいと不安になってくる様な場所ですねw

私のブログの方ですが、アメブロに越してきて、ちょいとコメント操作が面倒になりましたw
記事の下の方に、コメントするというボタンがありますので、そこをクリックしてみて下さい。
そうするとコメントを書き込む画面が出てくると思います!
私もまだ、アメブロに慣れてませんw

URL | まあも #dsZETsf.
2019/09/05 23:43 | edit

Re: タイトルなし

まあもさん
 こんにちは~
丸太の橋の道は山仕事の方の道のようで、地図には載ってないようですね。
黒山まで行けるとは思いますが、登山道ではないので行ってみないと分からないです。
確かにマイナーなところで登山とかハイキングの人は行かないでしょうね(笑)
どちらかと云うと私の様な変人が行く道でしょうか(笑)

アメブロは高度なあれなんですね。
挑戦してみますね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/09/06 12:20 | edit

こんにちは^^

緑が広がって綺麗ですね~

私も全く読み方が違ってた「馬乗馬場」、地形図を見ると、尾根沿いに
あるような雰囲気ですが、周囲の見通しは良くないような・・・。

緑豊かな夏場ではなく、木々が枯れ落ちる冬場だと、また異なった
状況なのかもしれませんね
ただ、景色は良くても、凍結や霜が不安で、上り下りが難儀になりそう
ですが^^;

URL | くろすけ #-
2019/09/06 13:37 | edit

なるほど~常磐線の終点から先はこんな感じなんですね~
今日は猛暑の中、日の出山界隈に行きましたけど
運動不足と今年の異常な暑さで外出は控えていたので
暑さの耐性なくなっており、熱中症になりかけましたよ
ま、ベンチで氷のペットボトルで首を冷やして治りましたけど、、、


ブレスレッド宣伝ありがとうございます。
著名な、、、いやいや、、私なんぞ、企業に良いように使われているだけの、
安っすいデザイナーもどきですよ~

URL | タマチャリン #-
2019/09/06 20:26 | edit

こんばんは

炭焼きや山仕事で人が入っていたのではないでしょうか。
山の中に石積みの跡があって地元の人に聞くと炭窯の跡というのは良くあります。
昔の人は山の中に何日も入って炭を焼いたり、枝打ちをしたりしたんですよね。
とんでもないところに作業小屋などを見かけることもありますね。

URL | 西やん #-
2019/09/06 20:46 | edit

Re: こんにちは^^

くろすけさん
 こんにちは~
自然林の広葉樹の所はとても綺麗でした。
他は杉と桧の植林地帯ですね。馬乗馬場は仰せのように尾根沿いですが、
今は植林地になっていますので杉桧で展望は全くありません(泣)
そうなんですよ~ それ程高くない山は夏は暑いし虫に刺されて
本当は晩秋から春の手前までが良いですね。見通しもよくなりますし
寒くても歩いていれば暑くなり、虫や蛇がいなくて安心です。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/09/07 10:48 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん~
こんにちは~この日はまだリハビリの身でしたから、
黒山までは行きませんでしたわ。
しかし、黒山に行っても展望がどうなのか、行く場合は黒山から棒ノ嶺まで
行くとよいでしょうね。
私も暑いのはマッタクダメで夏は運動量が減り体調不良ですわ。
頭を使うお仕事とアウトドア(外が頭を使わないって言うわけでは無いです)
頭を動かして体を動かす・・・そうしないとだんだん体が動かなくなりますから。
お仕事とアウトドア、バランスが良いですね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/09/07 10:50 | edit

Re: こんばんは

西やんさん
 こんにちは~
近くには高水三山が有りますので、おしゃる様に昔はこの辺の山に入って
炭、薪、材木の等仕事で今よりも多くの人が山に入っていたと思われますね。
奥武蔵なども山に入っていくと炭焼窯の跡を見ることがあります。
昔は今よりも木の需要が多岐にわたり、
燃料や建材のために木に関わっていた人が多く
山の中に小屋を建てて何日もよく頑張てましたね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/09/07 10:55 | edit

馬乗馬場

こんにちは~ しばらくでした。
さすがに首都圏の里山は、特にハイカーが入るところでなくても、道なき道をヤブコギするわけではなくて、きちんと作業道もついて、枝打ちされた林業が行われていますね。
苔むした岩は、ウノタワへの登りにも似ています。
馬乗馬場 の話が歴史があっておもしろいですね。

URL | ふさじろう #-
2019/09/08 10:22 | edit

Re: 馬乗馬場

ふさじろうさん
 こんにちは~
今日は強い台風の予報で心配ですね~
 心配してもどうしようもないのですが

>さすがに首都圏の里山は、特にハイカーが入るところでなくても、道なき道をヤブコギするわけではなくて、きちんと
>作業道ついて、枝打ちされた林業が行われていますね。

ここは東京都ですからご予算がたっぷりあるのでしょう。
今は残念ながら民間が植林して下刈り、枝打ち~建材に仕上げるまでの
採算が厳しいですから、行政がかなりサポートしているかと思われますね。

こういう所、その頃はこの辺も武蔵の国だったようで
畠山重忠の名前が出てくるとは面白いですね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/09/08 18:02 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/596-ae19150d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード