FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

吾妻峡(清流名栗川)-2ドレミファ橋   2019-06-28  

吾妻峡(清流名栗川)-2ドレミファ橋   2019-06-28

980 ドレミファ橋(吾妻峡・あづまきょう・清流名栗川)
☆IMGP6980

前回は
吾妻峡(清流名栗川)-1 清涼木陰をさまよう 

何度も宣伝するようで恐縮ですが、6月初めに近くの山で不注意から膝を捻り
その後はリハビリの日々で、この日(6月28日)も回復のための川沿い歩きです。
・・・いや宣伝してもオイシイことが有るワケでは無いですよ。


951 
☆IMGP6951

足馴らしに霧の漂う涼し気な吾妻峡を歩いています。

952
☆IMGP6952

954 
☆IMGP6954

955
☆IMGP6955

遊歩道と云っても岩場もあるし、足元の変化もある。
川沿いは緑豊かに美しい風景をみせて飽きさせない。
リハビリにはもったいない程の道である。

956
☆IMGP6956

960
☆IMGP6960

◇ 吾妻峡(あづまきょう)とは
吾妻峡は自分にとって分からないことだらけである。
既に半世紀以上は当地に住んでいるが、吾妻峡を知ったのはここ数年である。

そんじゃあ「吾妻峡って何なの」と、思い立ったが吉日
早速、博物館、観光案内所、役所の担当課、県の観光課などにお尋ねした。

【ご担当各位 その節は大変お手数をお掛けいたしました。
怪しい徘徊人にも丁寧に対応頂きましてありがとうございました】

962
☆IMGP6962

963
☆IMGP6963

1、吾妻峡の由来・・・
時は明治45年、本多静六先生が飯能で講演中に常盤平(多峯主山の近く)からみた景色が吉野山(奈良と思われる)に似ていると指摘・・・それよりこの付近を「あずま吉野」と命名された・・・
 そこから見下ろした名栗谷(名栗川)を吾妻峡と云われるようになったと思われる。
以上は(観光課殿より)

964
☆IMGP6964

「あま」は「あま=吾妻」、東(あずま)という解釈もされているようで都から見て東という感じだが、吾妻という地名は日本各地に散在していることから東の基になる地点は固定されてないような気がする(全くアテになりませんが)

965
☆IMGP6965

967
☆IMGP6967

2、吾妻峡の範囲・・・
 私が分かっていることでは「曖昧~不明」・・・しかしそれでは話が繋がらないのでお尋ねしたところからの情報によると
① 岩根橋から上流に2kmの範囲
② 岩根橋から700m位迄
③ 中平河原からドレミファ橋迄
など、立場による説がある。
不思議なことに更に上流にある「吾妻大橋」付近は吾妻峡では無いと云う説もある。
吾妻大橋は昭和61年3月に完成。それ以前は近くに木製の「吾妻橋」があったと言われているが。

970
☆IMGP6970

971
☆IMGP6971

3、吾妻峡はいつ頃から
 昭和9年以降に発行のリーフレット「飯能天覧山」の地図に飯能の新名所として吾妻峡が記されているらしい。

972
☆IMGP6972

973
☆IMGP6973

974
☆IMGP6974

975
☆IMGP6975

976  霧中のドレミファ橋
☆IMGP6976

977
☆IMGP6977

978
☆IMGP6978

979
☆IMGP6979

980 ドレミファ橋(吾妻峡・清流名栗川)
☆IMGP6980

数回ここを歩いたことがあるが、今回は霧が漂う少しばかり幻想的な
吾妻峡であった。

982
☆IMGP6982

983
☆IMGP6983

右岸から飛び石のドレミファ橋を渡り県道70号(飯能~下名栗線)に
上がって天覧山下まで歩き、帰路へ

986
☆IMGP6986

◇ 吾妻峡付近の地図 
☆吾妻峡 吾妻大橋

バス便は飯能駅北口から名栗・名郷・中沢方面行に乗車
「バス停・永田大杉」にて下車し左岸のドレミファ橋へ

いつもながら、6月のことを秋風の漂う今頃なって記しています。
お判りでしょうが、このブロブに限って即時性はマッタク有りません・・・
こういう事は今に始まったことではなく、小学生の頃から夏休みの宿題は
夏休みが終わってだいぶ経たないと提出できなかった。
継続は力なり・・・n十年も呆れるほど根気よく引きずっています。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 00:47 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

コメント

吾妻峡

こんばんは~
画像は、963はカモが飛び立ったところをとらえましたね。
それと971は、バックの霧に、緑の枝、緑の流れ、苔の緑と、同系色で雰囲気が合っています。
吾妻峡の語源が、東の峡 ということは、東の京で、東京 と、同じ由緒なのですね。
これは格調の高い、ネーミングですね。
きょう(峡・京)というところも同じですし。(笑)

URL | ふさじろう #-
2019/09/27 18:47 | edit

こんばんは

ドレミファ橋と聞いて巾着田かと思いました。
巾着田のドレミファ橋も昔はここと同じ飛び石橋だったそうですね。
飛び石橋をドレミファ橋という習わしがあったんでしょうか。
ここのドレミファ橋は多峯主山から降りてきて渡りました。
その時は台風の後で吾妻峡は通行止めでした。
雰囲気いいですね、今度行って見たいです。

URL | 西やん #-
2019/09/27 20:57 | edit

山人さん、おはようございます!

吾妻峡に関して、熱心に研究されたようですね。今となっては推測するしかない
部分もあるようですが、山人さんの研究成果を読むと、なかなか説得力があるよ
うに思いますよ。

で、「即時性・・・」に関してはとっくに慣れましたし、私も継続は力なりを座
右の銘にしています。(笑)

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2019/09/28 07:43 | edit

Re: 吾妻峡


ふさじろうさん

こんにちは
たまたま数羽が水面におりましたので撮ろうとしたら
もたつき、飛び上がりの動きにピントがズレたのですよ(笑)

今頃気が付きましたが971は確かに同色系ですね。

吾妻峡はその通りに検索すると群馬の吾妻峡が有名です。
どうしてここが吾妻峡なのか本当のところは分からずにいます。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/09/28 11:12 | edit

Re: こんばんは

西やんさん
こんにちは

そのとおりです。
以前は巾着田のドレミファ橋も飛び石だったのですが
今は板が渡してありますね。

この吾妻峡は多峯主山や龍崖山と絡めて歩かれる方が
いるようです。
木々を見ながら川縁を歩かれるのもよさそうですよ。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/09/28 11:13 | edit

Re: タイトルなし

コンタローさん

こんにちは
はずかしながら、ここの吾妻峡を知ったのは数年前です。
良く分からないと云うのが本音のところですね。
天覧山等とことなり、資料が乏しく手掛かりも限られてしまいますね。

良いことも有るし、そうで無いことも多々ありますが、
それでも「継続は力なり」ですね(笑)

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/09/28 11:13 | edit

なるほど~
明治の時代にあづま吉野と命名!!
かなり新しい、、ん!新しいのか、、よく分かりませんが、
地名って合併で結構変わったりするイメージですけど、
昔の偉い人の命名で出来ちゃったりもしてたんですねえ、、

しかし、霧の吾妻峡中々見応えありますね
住宅街から近い立地とはとても思えません!!

URL | タマチャリン #-
2019/09/29 18:51 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
 こんばんは
吾妻峡ですが偉い方が、多峯主山の近くにある常盤平から
見た時の一声で決まったような記録があるらしいのです。

意外と駅に近いので 
⓵天覧山~多峯主山~御嶽八幡神社~吾妻峡
⓶柏木山(または龍崖山)~吾妻峡
このようなルートを歩かれている人が多いですよ。
考えてみれば山ん中の街っていうことでしょうね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/09/29 19:21 | edit

こんにちは。

川霧が良い雰囲気を作ってくれていますね。
膝は気を付けてください。
僕も何か月前に少し無理をしたためか、水が溜まって、今も整形外科通いです。
3日前もヒアルロンサンを注入してもらったばかりです。

URL | S-masa #-
2019/09/29 21:23 | edit

Re: こんにちは。

s-masaさん
こんばんは
吾妻峡は群馬の方が特に有名で、こちらに吾妻峡が
有ると知ったのは数年前です。時折り足馴らしに歩いています。

膝は靭帯を痛めたのと、その前に違和感が生じましたので医者にみてもらいましたら、
年相応だと言われまして、私もヒアルロンサンを注射しました。
あとは太腿の筋肉を付けることだと言われ、時折り足上げのトレーニングをやっています。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/09/29 22:01 | edit

コメントありがとうございます

今晩は山人さん
カワセミって、水量が少なく浅い川の方が餌を捕りやすいので、小魚がいる河川であれば都会の川でも結構居ますよ。善福寺川は公園の湧水が源流でしたが、現在はポンプで汲み上げて再現させています。宅地化により路面がコンクリートで覆われ、降雨が地下に沁みこむ機会が減っているせいですね。
ドレミファ橋と云えば、巾着田の曼珠沙華を思い出しますね(笑)。昨日、別の場所に見に行きましたよ。幸手市の権現堂堤で、桜並木の脇に500万本の曼珠沙華が満開しており圧倒されました。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2019/10/01 21:13 | edit

Re: コメントありがとうございます

ぶらっと遡上探索さん

私も最近、野鳥と思われていたメジロが都区内で見ることがあって
驚きましたが、意外とカワセミもいるのですね。
源流って言うとこちらではどうしても山奥となってしまいますが
善福寺川のような場合も源流ですね。

ドレミファ橋・・・ああ高麗川をすでに歩かれていましたね。
権現堂も500万本ですか、凄いですね!!

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/10/02 12:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/599-99c0e602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード