FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

滝山城跡をさまよってみる   2019-05-12  

滝山城跡をさまよってみる   2019-05-12

540 引橋
☆IMGP6540

今、城巡りとか城跡探訪が意外にもブームのようだ。
そんじゃあ「ちょいと行ってみんべぇか」となったワケでは無い。
たまたま、所用の帰りに城跡があると云うことで立ち寄ってみた。

当たりまえだが城に関する知識があるわけでもなく
単純に面白そうな所を歩いてみる・・・山猿はただそれだけのことである。

 小田原城址  (平城)

  リュウガイ城跡 山城)

483 滝山街道、この看板がある駐車場から城跡に入ってみる。
☆IMGP6483

城というと、堀があり石垣の上に大きな建物、天守閣が有るように思っていたが、
そういうイメージのものは城の歴史上では後期に築城されたものらしい。

486 滝山街道から入ると直ぐに竹林の間の空堀の道を行くことになる。
☆IMGP6486

城の始まりの実態は明確ではないの説もあるが、
外敵に対する防御がその基になっていると思われる。

そう考えていくと守りのために柵、堀、塁などを構築していったのが
城の始まりなのかも知れない。

488
☆IMGP6488

489
☆IMGP6489

それで今回の滝山城跡は「平山城」に分類されるという・・・
近くの者の話では(少し城の知識がある)
城は建てられた場所によって「山城」、「平山城」、「平城」に分けられるらしい。

ここまで来たついで、聴いた分類の代表例を示しておく。

山城の例:竹田城、山頂や尾根で周囲を見渡せるところ。山自体が防御壁の
   役目を成す。
平山城の例:姫路城、丘城ともいわれ、低い山や丘に造られた。
   地形も防御の一助になる。
平城の例:江戸城、自然地形の防御は低いが、広い土地に堀や石垣を造る
    ことによる守りが出来る。

歴史的には山城が古く、平城は江戸時代になってから各地に築かれたようだ。

お分かりでしょうが、適当に聴いてテキト~に分かっているふりをしただけだから、あまり当てにならない。

490
☆IMGP6490

ここで
今回の滝山城(跡)は「平山城」に分類される。

しかしながら城に関する知識の無い自分は
ここを面白そうなウォーキングルートとして歩いてみるしかない。

491
☆IMGP6491

492
☆IMGP6492

493
☆IMGP6493

496
☆IMGP6496

497
☆IMGP6497

501
☆IMGP6501

502 前の茂みの向こうが千畳敷きと云われるところ。
☆IMGP6502

503 千畳敷
☆IMGP6503

504 堀と塁
☆IMGP6504
506 塁上の道
☆IMGP6506

507
☆IMGP6507

508
☆IMGP6508

511
☆IMGP6511

514
☆IMGP6514

515
☆IMGP6515

516
☆IMGP6516

517 外敵の侵入を妨ぐための堀、塁、それに迷路のような道
☆IMGP6517
522
☆IMGP6522

523a
☆IMGP6523a

524
☆IMGP6524

526  一休み
☆IMGP6526

527
☆IMGP6527

528 認定証:(続)百名城
☆IMGP6528

531
☆IMGP6531

532 多摩川を臨む
☆IMGP6532

北側は崖でその先は多摩川である。
築城時には、この地形も考え防御の壁にしたのであろう。

534
☆IMGP6534

541
☆IMGP6541

542
☆IMGP6542

545 守りのひとつ、空堀に引橋
☆IMGP6545

546
☆IMGP6546
547
☆IMGP6547

548
☆IMGP6548

550
☆IMGP6550

551
☆IMGP6551

555
☆IMGP6555

556
☆IMGP6556

557
☆IMGP6557

558
☆IMGP6558

迷路のような道を下れば、先ほどの引橋の下に

560 引橋:外敵の侵攻時に橋を外して侵入を妨げる。
☆IMGP6560

562
☆IMGP6562

564
☆IMGP6564

568
☆IMGP6568

城マニアではなく城の知識が無い者でも意外面白い。
至る所に堀があり、塁が築かれ、道は迷路状・・・

敵がここから来たら、こう対応する・・・
知識が無い者なりに思いを巡らす。

山歩き、川沿い歩きとはひと味もふた味も違う・・・魅力有り

◇ 滝山城跡はこちら

☆地図 滝山城跡 


 ◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 20:14 [edit]

category: 未分類

コメント

滝山城

こんばんは~
滝山城に行かれましたか~
私もここと八王子城はそのうち登城しようと思いつつ先送りになっています。(笑)
いつもながらのていねいな記事の作りこみと、説明板もおさえてありますので、これからもう一度じっくり読んでいきます。

URL | ふさじろう #-
2019/10/08 21:16 | edit

おはようございます^^

この城跡はNHKのお城特集の番組でも、お奨めとして取り上げられて
いました。

最寄りですし、私も訪れてみたいと考えたのですが、
暑い頃は蚊などの虫対策、
さらに風が通りにくく高温・多湿、
草葉が生い茂って見通しが悪い
といった情報が見受けられて、寒い頃にしようと延期していました^^;

番組でも取り上げていましたが、高低差や迷路のような構造がお写真からも
うかがえます
山人さんの記事を参考に、紅葉が過ぎた頃、訪れてみようと思います^^

URL | くろすけ #-
2019/10/09 09:52 | edit

Re: 滝山城

ふさじろうさん

こんにちは~
たまたまの帰り道に有った看板から入ってみました。
城の知識はありませんが、歩くのに変化があって大変面白いですよ。

>いつもながらのていねいな記事の作りこみと・・・
恥ずかしいです。何も知らない者が適当に記しています。(笑)

ここは歩くだけでも楽しいところでした。
これからの季節が良さそうですね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/10/09 12:27 | edit

Re: おはようございます^^

くろすけさん

こんにちは~
はい 私もテレビで見ました。
帰り道に立ち寄ってみたのですが城跡、だいぶ時を経ているようで
残っているのは堀とか塁、道だけでが歩くのには変化があって
とても面白かったですね。
ああ、紅葉の時期や少し雪があっても面白そうなところですよ。
今回は時間の都合で全体を歩いた分けではありませんので
お時間があるようでしたら時間をかけてじっくり歩かれると
良いかもしれません。


URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/10/09 12:34 | edit

おおおっ!
こちらにいらしましたか!!
いらっしゃいませ!
滝山城跡は結構な迷路ですね~~
桝形虎口の辺りはちょっと獣道寸前な状態になっている道もあったり、、
私もすべての道は知らないのですけど、
引橋の先を下った所から入って、適当に放浪して、
拝島橋の方に下っていくと最後はえ!こんな道るの??という
荒れに荒れた世界がまってます!
たまには草刈りしてるのか???です!

URL | タマチャリン #-
2019/10/09 19:30 | edit

コメントありがとうございます

今晩は山人さん
今年は、彼岸花の開花が遅かったみたいで、巾着田のも遅れていましたね。この分だと、秋の紅葉も遅くなりそうですね。
滝山城跡ですか、荒川遡上時に鉢形城跡に寄りましたが、曲輪や土塁など表記が無いと、自然の凸凹にしか見えませんよね(笑)。引橋、面白い構造ですね、でも、落として壊すと、また造るのが辛いので、本丸側に半分引き込む曳橋らしいですよ。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2019/10/09 21:44 | edit

こんばんは

この城跡は昔の名残を残していますね。
何度か行きましたが堀跡などが残っていて面白いです。
それでもきれいに整備されていて素晴らしいです。
ちょっと交通の便が悪いので人も少ないですね。
それで昔の遺構が残ったんでしょうか。
八王子城跡もそういう意味でいいですよ。

URL | 西やん #-
2019/10/09 21:58 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
こんばんは~
立ち寄りさせて戴きました~
城の全体を知らずに歩きましたので、だいぶ省略したと思います。
それでも素人目で見て凄いと思いましたよ。
堀の配置が良く考えられていましたね。当時の専門家が、戦略家が
考えて造ったのでしょうが、掘ってその土を積み上げて高さをかせぎ
道は狭く、これでは大軍で攻めても攻めにくいですね。
ナルホド、多摩川の方に下れる道もあるのですね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/10/10 00:16 | edit

Re: コメントありがとうございます

ぶらっと遡上探索さん
こんばんは~
今年はとても忙しく彼岸花は何処も見ることが出来ませんでした。

鉢形城跡に寄られたのですか!当方は出かけたついでに寄る予定です。
だいぶ年月を経ているので建物が無いと分かり難いでしょうね。
放置すれば塁は崩れ、堀は埋まり、草木が覆ってしまいますね。
城はほとんど分からないですし、引橋というモノも初めて見ましたが、
変化の有る山や林の中を面白く歩いた・・・そんな感じです。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/10/10 00:17 | edit

Re: こんばんは

西やんさん
こんばんは~
たまたま立ち寄ったのですが、建物の無い昔の城跡、
山のような感じの中に、人工的な堀と塁と道があって
ナルホド、なるほどと思いながら巡ってみました。
歩くのに上下、左右の変化があって飽きずに歩けます。
ここは城を巡る人にも、ウォーカーの人にも面白い所ですね。

八王子城跡も機会を作って行ってみようと思います。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/10/10 00:18 | edit

ご来訪ありがとうございます

奥武蔵の山人さん、こんにちは。「酒とソラの日々」のさえき奎と申します。
この度は私の拙いサイトへお越しいただきましてありがとうございました。
貴ブログを拝見させていただきました。実に精力的に活動されておられますね。うらやましい限りです。
私もかつては滝の写真専門にやっていた「奥秩父の沢人」だったのですが、家で仕事をするようになってからかえって出不精になってしまいました。今は主に空と雲の写真を撮っています。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
応援クリックさせていただきました。

URL | さえき奎 #zjDuAsyg
2019/10/11 14:44 | edit

Re: ご来訪ありがとうございます

さえき奎さん

 始めまして コメントを頂きましてありがとうございます。
当方、頭から足までだいぶ錆びついて着ましたため
何とか体にオイルを廻そうと、ひと昔前から徘徊をしております。 
 一般的な方から見れば定年を何回か過ぎた齢ですが、
今だに都内の勤務のかたわら、ボランティアガイドの見習いと
山や川沿を辿っています。
 ウォーキング、トレッキングなどと案内文に記しておりますが、
そんなカッコウ良いものではなく、気の向くまま、足の向くままの所を歩いております。

拝見いたしました。クッキリと綺麗に仕上げたお写真、味わいのある記事・・・
当方のシャッターを押しただけのものとは全く違いますね。
また、立ち寄りさせて戴きます。では、よろしくお願いいたします。

・・・応援クリックありがとうございました・・・

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/10/11 23:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/600-f2e9855a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード