FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

入間川遊歩道-1 阿須~上橋 2020 03 21  

入間川遊歩道-1 阿須~上橋 2020 03 21

528 巨大な額縁、枠の中を電車が通過します。
☆IMGP0528
新/旧-入間川西武橋梁(元加治~仏子)

昨年から諸々あり、山歩きが少し遠のいています。
さて、今年の春頃から時間が少し取れそうになって「山だ~」と思っていた矢先、
今度は新型コロナウイルスの騒ぎに大きな影響を受けて今に至っています。

収束に向かいつつあるとは思いますが、暫くはコロナの影響で滞っていたことの
処理が続くと思われ、晴れて自由開放は何時になりますことやら。

502 阿須・右岸上流側 流れ橋と遠方の奥武蔵の山並み
☆IMGP0502
この日は3月21日、特にこれと言ったことは無いのですが勝手な川の観察員、
その使命を果たさんと三密を避けて入間川に行ってみます。

503 下流側 遠方に見えるのは「上橋」
☆IMGP0503

504 阿須グラウンド駐車場
☆IMGP0504
昨秋の台風19号の流木などはだいぶ片付けられましたが、アスファルトはご覧の
様な状況です。
5月に一帯の修復工事をしていたようですが、その後工事が完成したかどうか・・・

507 3月21日、桜はこれからの状態でした。
☆IMGP0507

509
☆IMGP0509

510 右岸を川下に向かう途中
☆IMGP0510
右手に沼の様に流れのユッタリした所があります。
亀がいたり、時にはカワセミの飛来を鳥マニアの方が待っていることがあります。

511 台風19号(2019)時の流木がまだ残っています。
☆IMGP0511

512 「上橋」に向かう遊歩道 先が途絶えて行方不明です。
☆IMGP0512
下流に続くアスファルトの遊歩道、山人が力いっぱい足で蹴っても
ビクともしませんが、水にはこんなに弱いのでしょうか・・・
足で蹴るとアスファルトは大丈夫ですが、足を怪我してしいますから実際
には試さないでくださいね。

513 台風19号(2019)時の水位
☆IMGP0513
この辺の高さまで水嵩が上がったのでしょうか。
勝手な観察員としては大変興味あることで少し下流にお住いの方の話をお聴きし
ました。
住宅の近くまで濁流が来たとのことで、最近では経験のない水位だったようです。

彼方此方にいまだにその痕跡が残っています。

514 遠方は「上橋」
☆IMGP0514

515 
☆IMGP0515

516 遊歩道が流されてしまいましたね。
☆IMGP0516

518 恐ろしき19号、だいぶ抉られています。
☆IMGP0518

519 阿須から上橋までの入間川遊歩道・右岸は6月7日時点でこのままです。
☆IMGP0519

520 「上橋」
☆IMGP0520

名称:上橋  構造種別:3径間PC桁  河口からの距離:29.4km
橋の長さ:80.34m  有効幅員:約9m  完成:1991年(H3)
↑既に何本もの河川を河口から源流まで踏破されている「ぶらっと遡上探索・リンク先」
さんが調べた資料によります。

◇ 「上橋」はなぜ上橋と云うか・・・
橋名はその両岸に接する地名が使われることが多いのですが、
ナゼ上橋って云うのか、山人的に考えてみました・・・

以下は知浪途の考えで、信頼性は全くありませんとお断りして・・・
昔、入間川には多くの「渡船場」がありました。ここにも「上の渡し」があり、

それが近年になって廃止され、橋が架けられたのでその場を引き継ぎ
「上の渡し → 上橋」になったと知浪途は推察します。

では、「上の渡し」があればその下流には「下の渡し」もありそうですが、
ありました。
更に「上の渡し」と「下の渡し」の間には「中の渡し」もあったのです。

地図 ①:上橋 ②:西武橋梁 ③:中橋 ④:新豊水橋 ⑤:豊水橋 ⑥:笹井堰
☆上橋 中橋 豊水橋
現在「①上橋」の下流に「③中橋」があり、その下流には下橋ではなくて
「④新豊水橋」があります。

ナゼ下橋がないのか。
1、「新豊水橋」は「上橋、中橋」と比べるとかなり大きく(国道299号と圏央
道が通っている)橋の規模と格が異なります。
国道と高速道路の橋に「下橋」と付け難かったのかな・・・

2、別な理由も考えてみると「新豊水橋」は新しい橋で、その下流に昔からの
「⑤豊水橋」があり、これよりも新しいから「新豊水橋」とした・・・二つとも山人
の考えで信頼性はマッタク有りません。

因みに「豊水橋=とよみずはし」は 
以前の町村名、(豊岡町) ~(水富村)の間に架けられた橋です。

◇地図中の⑥笹井堰 ⇒
 笹井堰

521a 川縁に雉が・・・
☆IMGP0521a
慣れているのか、小学生が何か与えようとするとだいぶ近付いてきます。

524 当方も2m迄接近
☆IMGP0524

526 中橋を左手に見て下流を行くと
☆IMGP0526
台風19号は土産を沢山置いてくれました。

527 好みの風景が見えてきました。
☆IMGP0527
川縁に自然に生え育ったであろう樹木の向こうに年月を積み重ねた橋脚が
見えてきました。

529 懐かしい感じがする西武線の旧橋梁が見えてきます。
☆IMGP0529
永きに亘って風雪に磨かれた色は郷愁をさそいますね。

*** 入間川遊歩道-2へ続きます ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 00:24 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

コメント

異常気象にコロナ、、、
本当に異常なことが続いておりますが、
あのクラスの台風が頻繁に来るような環境変化であるとすれば、
河川の舗装なんて、直してもしょうがなくなりそうですね、、。

しかし驚くべきは亀やら魚やら、彼等はあの濁流から上手いこと避難し
現在も川沿いに生息しているわけですから驚きですよね
一体何処に避難していたのでしょう??
体育館の脇かなんかだったら笑いますけど、、、、、

雉、多摩の川ではあまり見ませんよ
以前山中で足元からバサバサ音を立てて
飛び立って行ったのを見て驚いた記憶があります。

URL | タマチャリン #-
2020/06/07 09:31 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
 こんにちは

>異常気象にコロナ
仰せの様にどうなっちゃているのでしょうね~
何年か前はn十年に一度の大雪で、最近は大雨・・・

最近の入間川、新たな遊歩道を造り始めていますが、
「100年に一度の豪雨にも耐えられる設計」と言う事を担当局の方から
お聴きしました。安心しましたが、例えば101年に一度の豪雨だったら?
いや、大丈夫ですね。

>河川の舗装なんて、直してもしょうが
東京は財源豊富ですからまだしも、
コチラは貧しい財源で、昨年河川の改修をしたばかりのところを
19号でだいぶ損壊してしまいました・・・その場限りの改修では
また同じことになりそうです。

ある程度のことは暇をしている年寄りのボランティアを集めて
人力でやれば、予算はかからないし年寄りも社会参加している
と自尊心をくすぐっられて良いかもと思ったりします。
私は腰痛でダメですが。

雉は意外と入間川にいましたね~
私は数回遭遇しています・・・
今回のは珍しく2m位迄接近しました。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/06/07 12:40 | edit

元加治駅近くの鉄橋ですね。
しばらく行っていなかったので懐かしく見ました。
懐かしくと書いて、前はいつ見たのかと思いましたが1年以上前かもしれません。
この付近もずいぶんご無沙汰です。
台風の影響で行かなかったのかな。

URL | 西やん #-
2020/06/07 21:35 | edit

Re: タイトルなし

西やん さん

こんばんは
>元加治駅近くの鉄橋ですね。
ハイ 元加治と仏子の間にある橋です。

西やんさんは 西武鉄道のウォーキングに参加されているようでしたね。
この辺や入間川の遊歩道を歩くコースもあるようですね。

ご覧のように台風で遊歩道もあちこちが損壊しています。
コロナもありますし、今年の台風もあるでしょうから
完全復旧は何時になりますことやら・・・

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/06/08 00:16 | edit

入間川

こんばんは~
トップは、額縁撮りと、映り込みと、電車のシャッターチャンスと、複合技を上手く1コマに入れましたね~
すばらしいです。
これは撮ったことがないです。
それと、コロナ騒動の影響もあるためか、災害の復旧がなかなか進まないのですね。
自然や風景を追いかけるばかりでなく、世の中のこういった現状にも目を向けなければと思いました。

URL | ふさじろう #-
2020/06/08 21:54 | edit

Re: 入間川

ふさじろうさん

こんばんは
お褒めの言葉を頂いてありがとうございます。
 単純ですからすぐに嬉しくなります。
写真はいつも通り、基本、基礎を知らずに
自己流でただシャッターを押すだけ、数撮り損じでやってます(笑)

コロナ騒動でこういう所の遊歩道の補修など、極めて優先度が低いでしょうね。
見っともないのですが、直してもまた今年の大雨で破壊されそうです。

急激に人出が多くなって、大丈夫でしょうかと小心者の私は電車バスが怖いです。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/06/08 22:17 | edit

こんばんは

災害の傷跡はなかなか消し去るようにはいかないものですね
それだけ広範囲にわたったという点もあるかもしれませんが・・・。

でも、これも記憶に残し、今後の対策に役立てるという面も
あるかもしれません^^

割と適当な鉄道ファンである私も西武線のこの鉄橋の存在は
聞き及んでいました

歴史やら、現状も残している理由等、専門的に研究されている
ファンも多いと思います・・・。

このまま維持できれば、何らかの歴史的建造物として記録される
可能性もあるかもしれませんが、以前より、山人さんが巡っている
河川であったように、豪雨時に上流よりの流出物が橋脚等に絡まり、
流れを妨げるようになった場合、どうするか
・・・自然との共存が図れる状況になると良いのですが。

URL | くろすけ #-
2020/06/09 00:55 | edit

こんばんは。

まだまだ修復には時間がかかりそうですね。
雨が降らずこちらは川の水も少なくなっています。
また今年も異常気象にならないといいけど・・・。
コロナも終息には時間がかかりそうだし、せめて美しい自然を眺めて気分だけは明るく行きたいですね(*^^*)

URL | チビmomo #-
2020/06/09 18:13 | edit

Re: こんばんは

くろすけさん 
 こんばんは
もっと上流で生まれ育ったのですが、私の記憶にある限りでは19号は
かなりの大雨でした。
モチロン過去には生まれる前ですがキャサリン台風やその後も
いくつかあって入間川も被害に遭ったらしいのですが、他の地域に
住んでいたために、直接目で見たのは無かったです。

コロナも含めてこう言う事態での遊歩道は優先順位が低いのでしょうかね。
飯能河原の直ぐ下流では100年に一度の大雨でもダイジョウブと言う
新たな遊歩道を造っています。

(旧)西武線入間川橋梁は煉瓦の橋脚、橋台で色も良いしドッシリ感が
あって絵になっていると思います。飯能~池袋間が開通したのが1915年ですから、
その時から使っていた?とすれば105年で、複線化で使用されなくなってから50年が過ぎて
います。出来れば残してほしいものですね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/06/09 23:57 | edit

Re: タイトルなし

チビmomoさん

こんばんは
仰せのように修復にはだいぶかかりそうです。
ここだけではなく他にも、市内の別の川にもありますし
それにコロナに足を引っ張られてますから・・・(泣)

こちらは既に暑い日が続いています。
これから大きな台風が来ないこと、あまり暑くならないこと
コロナが早く収まりますことなどをお祈りしながら
山や川沿いを歩きたいですね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/06/10 00:00 | edit

コメントありがとうございます

今晩は山人さん
良い具合に錆びた、西武池袋線旧入間川橋梁。撤去するには多額な経費が発生するので、多分此の儘で残りそうですね。
今日から関東地方が梅雨入りですね、コロナ禍に引き続き、約1箇月自宅待機になります。なので、先月下旬から昨日に掛けて、次弾遡上河川の貯め撮りを決行、結構な量(2箇月分)のストック記事が出来ましたよ(笑)。8月まで左団扇です。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2020/06/11 19:12 | edit

Re: コメントありがとうございます

ぶらっと遡上探索さん
 こんばんは
この橋梁ですが、飽く迄も近くの人に聴いたことなのですが
これはこの地域の市の所有物とのことです。
西武鉄道から市に移ったらしいですね。

知浪途考えですが、西武にしてみれば解体撤去しなくて済みますので
市が引き取ってくれればありがたいですね~
それで市は遊歩道にする予定であったらしいですが、上橋に歩道が付いていますね
それで、こういう状態で今に至る・・・聴いた話です(笑)

貯め撮り、貯め歩きですか~ ナルホド今でさえあついですから7、8月がどうなるか
と心配ですが、たっぷり貯めこみなさって真夏は余裕でお過ごしになられますね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/06/11 22:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/634-8cb5f212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード