FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

宮沢湖・入間第2用水路を辿る 番外編-1  

宮沢湖・入間第2用水路を辿る-番外編1 小畔川の始まり 2020 03 07

「今回は都合によってタイトルと内容が異なるところがあります」

386a 宮沢湖・北岸から南の対岸を見ています。
☆IMGP0386a

前回は⇒
 宮沢湖・入間第2用水路を辿る-3 サイホン~宮沢湖(終回) 2020 01 24

昨年(2019)の12月と今年(2020)の1月に「入間第2用水路」を名栗川
(入間川)・小瀬戸取水口から辿って宮沢湖まで歩いてみました。(飯能
市エコツーリズム市民ガイドの皆様と)

◇ 地図・宮沢湖
☆宮沢湖 地図 

前回迄の「宮沢湖・入間第2用水路を辿る」は-3にて一区切りとし、この用水路
・宮沢湖の後は小畔川を辿る起点(源流)とします。

以前から名栗川(入間川)から宮沢湖に流入した水は何処に行くのか辿っ
てみようと思っていました。
諸々(便利な言葉です)あり、いつになるか明確な予定は決めてなく・・・

それで3月7日、午後に空いた時間で取り敢えず宮沢湖に行ってそこから
先を考えようと思ったわけです。
まあ結果としては「下手の考え休むに似たり」でしたが・・・

369 地図の1から2の方向を見ています。左は堤の3辺り。
☆IMGP0369
入間第2用水路、笹井堰方面に流れて行く水路です。

370 地図の2側から1を見ています。
☆IMGP0370
ここから隧道になり南東に向かって、県道30号(飯能-寄居線)~八高線
を潜り、その後開渠になって仏子ニュータウンを経て笹井堰(入間川)に
入ります。

371 宮沢湖方向へ
☆IMGP0371
左は地図の3堤・・・長閑な3月の宮沢の田園風景です。

373 南東を見ています。
☆IMGP0373
左の鉄塔の辺りが県道飯能-寄居線、更に森の向こうが八高線。

374 宮沢湖から入間第2用水路・・・笹井堰へ
☆IMGP0374

 笹井堰


375 灌漑用水の始まりです。
☆IMGP0375

376 堤に上がって、地図の4方向ですね。
☆IMGP0376
こちらの水路は小畔川の源流になるようです。
湖の水位が設定値を越え場合にここから排出するとも思えるのですが、
地図で追ってみると小畔川(*地図によっては北小畔川とも記されていま
す)になります。 
その先は北東に流れ、圏央道を過ぎ、更に関越道の先で南小畔川を合
わせて北東に進むと、254号線・落合橋の先で越辺川に注ぎます。

904a 小畔川=中提(背割提)=入間川
☆IMGP5904a
小畔川は落合橋の近くで入間川に接近するのですが、入間川と合流する
のではなく、越辺川と合流します。

888a 落合橋付近---越辺川:小畔川:入間川
☆IMGP5888a

越辺川は東に進み入間川に合流し、入間川は荒川に注いで東京湾の「葛
西海浜公園+葛西臨海公園」と「若洲公園」の海に流れ込むことになります。

 荒川河口・東京湾


~ ~ ~
  ~ ~ ~

だいぶ飛躍し過ぎましたので戻します。

さて、この日(3月7日)は小畔川の始まりの部分に立っただけで終わる予
定でした。
しかし、まだ時間もあるしここに着たついでに湖の周りを歩いてみることにしました。

378
☆IMGP0378
先ず堤に上がり、北岸・地図5~6辺りへ

379 
☆IMGP0379

380 宮沢湖水門操機場 
☆IMGP0380

381 
☆IMGP0381

383
☆IMGP0383

384  
☆IMGP0384

385 
☆IMGP0385

389 対岸(南岸)のメッツァビレッジ
☆IMGP0389
この日は緊急事態宣言発令(4月7日)のひと月も前でしたが、既に自粛
ムードが漂い始めて人出も疎らでしたね。

390 この先がクローズされているために
☆IMGP0390

ここから戻り、北東の堤から南岸に廻ってみようと思います。 


・・・宮沢湖から小畔川を辿るは何時になりますことやら・・・

*** 番外編2へ続く予定? ***



◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 01:54 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

tb: 0   cm: 6

コメント

あの細い引き込みからこれだけの水を蓄えるんですから
たいしたものですね。
子供の頃庭に穴掘って水を流し込むと直ぐに水が地中に染み込んで
無くなってしまいましたけど、案外湖は地中に水が染み込んで行かないものなんですかね~~
湖底がコンクリートとも思えない様な気もしますが、、、

小畔川、この辺り、用水路を含めたら小畔川一族だらけですね~~

URL | タマチャリン #-
2020/06/15 08:35 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
 こんにちは
たしかに宮沢湖の大きさから見ると入間川から引いている水路だけで
よく保っているなあと思いますね~
昔の人・・・専門の技術を持った方が設計したのでしょうね。
水路自体はコンクリートですが、
湖底はコンクリートではなく、粘土質のモノだとおもうのですが?

そうです 先は小畔川一族だらけで 
地図によって同じ川が小畔川だったり、北小畔川、南小畔川それも途中で小畔川が
南小畔川になったりで・・・この川は難解です??

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/06/15 12:01 | edit

こんばんは

宮沢湖は灌漑用のため池のようなものでしょうか。
こういうため池は水をため始めた時は随分地下に逃げるようです。
でも、数カ月たつと漏れも少ないようですよ。
日本には濠やため池の技術、進んでいたんだと思います。
友人に土木屋がいるので今度会ったら聞いてみます。

URL | 西やん #-
2020/06/15 22:09 | edit

Re: こんばんは

西やん さん
 こんばんは
はい 仰せのように 宮沢湖は灌漑用の溜池ですね。
ここは粘土質のようですが、やはり逃げたり、蒸発があったようです。

玉川上水や野火止用水を見ると昔に良く造ったものだと感心しますね。
自分の専門外のことで、うわべしか分かりませんが
技術があったのでしょうね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/06/15 23:25 | edit

コメントありがとうございます

今晩は山人さん
宮沢湖、アースダムで出来た人造湖ですよね。入間川からの入水で、こんなに溜まるんですね。他からの入水も在りそうですね。
本日、梅雨の中休みで晴天だったので、早朝から遡上取材に行きましたが、30℃近くになり、10時過ぎには撤収でした。日中の散策は絶対にアカン状態ですね(笑)。
河川の源流表記、上流端や起点など色々在りますね、都内だと、建設局で河川として管理している区域が上流端と下流端になるそうです。残念ながら、下流端の標識は未だお目にかかっていませんね、他県では在りました。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2020/06/17 20:57 | edit

Re: コメントありがとうございます

ぶらっと遡上探索さん
 こんばんは
宮沢湖は仰せのように他からも入って来そうです。
堤以外の周りは山ですからそこに降った雨は入って着てしまいますね。
その流入量が水路との比率でどれ程になるか分かりませんが。
下流端はやっぱりそうでしょうか、川の数が少ない私が観たことが無いのが
当たりまえですね(笑)
今日は当方の地も晴天でした。 
お出かけでマスクをしていると直射日光に当たると熱中症になりそうですね。
充分に注意して歩かれますよう。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/06/17 23:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/635-e73c025b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード