FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

有間川_源流を目指す –4 龍神渕 と お尋ねモノ 2020-11-29  

有間川_源流を目指す –4 龍神渕 と お尋ねモノ 2020-11-29

757 龍神が住むという 伝説の渕
☆IMGP4757

766A 龍神宮(有間大渕) 渕を見下ろす石標
☆IMGP4766有間大渕 龍神宮a

「有間川_源流を目指す」の1~3までは11月23日でした。
-4以降は11月29日に改めて歩き直しをしたことになります。

447a 竜泉寺(県道から有間橋(入間川)を渡り、名栗湖に向ってすぐの右手)
☆IMGP5447a
(上の文中「有間川奥の大渕」とは龍神渕と思われる)

749a 龍神渕入口
☆IMGP4749a

前回は「栃ノ木入橋」を過ぎたところで引き返しましたので、本来であればその続きなのですが、前々回、「龍神渕」の所で見落としがあったために再び龍神渕と思われる所に降りてみました。

前回は⇒ 
有間川_源流を目指す –3 滝の入橋~栃の木入橋 2020-11-23

749 4、50年生程の杉の所、この標識から有間川の左岸に降ります。
☆IMGP4749

アジサイに覆われた狭い道を川縁に向って下っています。
かなり急なために慎重に降ります。

◇ 有間川地図02 
有間川 地図02

処は地図の⑮辺り、名栗湖から西へ有間川を遡り、観光釣り場を経て川沿いの道を進むと車が2台ほど止められそうな広さの所に749の〈龍神渕〉の標示が見えてきます。
この道は当初詳細図に記されていた「林道有馬線」と思っていたのですが、どうも違うようです。林道有馬線の起点はもっと先にありました。
それでこの道はなんって言うのでしょう? 
それと有間川に並走しているのに有馬線とは?ナンデデショウと疑問が生じました。

750 このような処を下って行くと
☆IMGP4750

751 晩秋の紅葉
☆IMGP4751

対岸には積もった落ち葉と、残り火の様に色を付をした黄色の葉が見えています。

753 足元が不安定なところで耐えながら、綺麗な谷を撮っておきます。
☆IMGP4753

754 
☆IMGP4754

756 この先が龍神渕のようですが
☆IMGP4756

降りてきた左岸からこれ以上、上流側に行くのは困難で右岸に渡って遡ることにします。

758 大きな岩に囲まれ、伝説の渕らしい雰囲気が出ていますね。
☆IMGP4758

759 水量の少ない時季とはいえ、安易には対岸に渡れません。
☆IMGP4759

760
☆IMGP4760

762 岩を伝って何とか右岸に
☆IMGP4762

763 右岸に渡り龍神渕を目指します。
☆IMGP4763

765
☆IMGP4765

766 右岸の少し高い岩場に
☆IMGP4766有間大渕 龍神宮
石標・龍神宮(有間大渕)とあるのを発見 ここが龍神渕で間違いないようです。
2019年の台風19号時、その豪雨の影響はなかったようです。

767 龍神渕
☆IMGP4767

流量の少ない時ですが、巨岩に囲まれた両岸に大きな針葉樹と広葉樹が砦の如くあり、渕の名に相応しい異空間の雰囲気が感じられます。

768 大岩の静寂に吸い込まれるような
☆IMGP4768
非日常の中にいます。(内心、熊さん来ないでと祈りながら)

770
☆IMGP4770

771 奥深い有間川…何が出て来てもおかしくないのですが
☆IMGP4771
遭遇を願わくはカモシカさんあたりで…

772 岩と木の協力
☆IMGP4772
木が岩に助けられているのか、岩が木に助けられているにか…
どちらが無くても2019年の台風19号に流されているのでは

773 龍神渕はこれで、おさらばしたかった
☆IMGP4773

774  ・・・ の ですが
☆IMGP4774

少々面倒なモノを見てしまいました

775 お尋ねモノ…これはナニ?
☆IMGP4775
コンクリートに組み込み固定されたモノ…猿知恵偽術者の脳をフル回転させても特定できません。
推測では電気配線の①ジョイントボックスに似ていますが、仮にそうだとしてもコンクリートの中に埋め込れたものを初めてみました。
②山中の谷に有ることからの推測では、何らかのセンサー、検出器…例えば、崖や護岸の歪を検出し…そのデータを送る?

マアいくら考えても偽術者には特定出来ません。
後日、調査の聴きこみ開始です。

876a 
☆IMGP4876a

先ず有間川と林道有馬線を管理しているのは何処か?
(1)市役所に電話してお聴きすると→(2)県土整備部飯能県土整備事務所とのこと それで画像を持ってそこへ伺ってみたのですが、どうも違うようで(何なのか不明)。お忙しい中、お調べ頂きましてすみませんでした。
(3)有間ダム管理事務所で分かるかもと それで有間ダム管理事務所に伺ってみたが、ダムに関係するものは有間山の方に雨量などの計測類は置いてあるが、龍神渕の方にはダム関係のモノ置いてないとのこと。お忙しい中、幹部の方に丁寧な対応とご検討を頂き有難うございました。
(4)それで再び市役所の総合案内から有間川の担当は「道路公園課」と聴いて2Fの道路公園課に…担当の方に見て頂きましたが「不明…」で…何かのジョイントボックス?かな…ここでもお調べ戴いたり、別の担当の方にも問い合わせして頂いたりで、お手数をおかけいたしました。

意外と梃子摺るモノです。
今のところ有間川に転がっていたこのモノが何なのか、手掛かり無し、不法投棄物か…後は環境、土木関連機器のメーカにあたるか・・・

775A 改めて これは何なのか…
☆IMGP4775a

*** 有間川源流を目指す_5に続きます *** 
◇龍神渕は既にリンク先の方が訪れていらっしゃいました。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 17:15 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

tb: 0   cm: 9

コメント

龍神渕素晴らしいですね
有間川、有馬線、、
林道あるあるですね。
謎の物体の大発見!
これまた面白すぎる展開!!!

私も調べさせていただきました
沢にあるという事は水を汲み上げる何か、、、
という事で、
この類のものではないでしょうか??
なんで埋め込まれていたのかは分かりませんが形状的に似ていそうです

https://www.amazon.co.jp/SK11-六角軸-電気ドリル用ポンプ-吐出量-SDPH-1/dp/B0092IDGMA

まぁ、素人考察です

URL | タマチャリン #-
2020/12/20 20:04 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
 なるほど~
発想がずば抜けています!!
想いも寄りませんでしたよ。
六角軸-電気ドリル用ポンプとは、よく似ていますね。
サイズも同じくらいでしょうし、似ているモノもあるものですね。

しかしコンクリートの中に配管、電気配線も埋められているのが分かりませんね。

この歳になって有間川を初めて歩いて見ましたが、
諸々ありまして、なかなか良かったです。
熊の恐怖心もありますが(笑)

林道有馬線についても管轄と思われる所にお尋ねをしています。
回答を楽しみに待ちます。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/12/20 21:30 | edit

好日奥武蔵さん、こんばんは。

小曾木街道(R28)岩井堂交差点から成川上流
アンティークショップ“マンシッカ”に向かう
途中周辺です。
宜しくお願いします

URL | 安曇野 #fdhQZaLk
2020/12/20 21:44 | edit

好日奥武蔵さん、こんばんは。

成川ではなく成木川です。
すみませんです。

URL | 安曇野 #fdhQZaLk
2020/12/20 21:47 | edit

度々すいません
ひょっとして埋め込んだのでは無いのではないでしょうか??
パーツの並び方がなんとなく無秩序的な感じがします

昔は今ほど物質の強度等に規制がない上に
大型車両の入れなそうな土地がら
材料も何もかも現地で調達して
その辺の砂利等から生成したのでは??
その際に川に落ちていたゴミが混ざったってのは
どうでしょう??

URL | タマチャリン #-
2020/12/20 22:00 | edit

Re: タイトルなし

安曇野さん
 こんばんは
お教えいただいて有難うございます。

だいたい分かりました。
両郡橋~黒沢川と成木川の合流するあたりでしょうか。
富岡の田圃辺りは歩いていることがありますから
降りられそうなところを探してみます。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/12/20 22:03 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
 また驚きの発想ですね!!
幾つかの偶然が重なってコンクリ―トの中に混ざり
護岸工事か何かに使われて
それが豪雨で崩れて流れ出し、川原に転がった?

確かに配管など、金属や電線が不自然の様にも
見えますね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/12/20 22:17 | edit

おはようございます

竜神淵、興味をそそる名前です。
竜神とか九頭龍と名付けられた沢や滝を見ますね。
ここも風情ある渓谷ですね。

そこで現代の遺物発見ですか。
もしかして共視アンテナの接続端子ボックスかもしれませんね。
同軸ケーブルのように見えます。
時々山の中にテレビの共視アンテナが建っています。
人家からずいぶん離れたところで見かけます。
地デジになって使われなくなったものが台風で壊れたとか。

URL | 西やん #-
2020/12/21 09:36 | edit

Re: おはようございます

西やんさん
 こんばんは
同じ市内の山の中のことですが、最近まで知らずにおりました。
たまたま有間ダムから有間川を遡って源流まで行ってみようと
したときに、龍神渕がでてきました。

現代の遺物とは上手いことを言われますね。
ああ、確かに共視アンテナの接続端子ボックス…そんな感じもしますね。
コンクリーとの中に混ざったのでしょうかね。
同軸ケーブル・・・RFの部分でしょうかね。

護岸の歪とか環境関係の計測機器とばかり思っていましたが
受信絡みも可能性がありますね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2020/12/21 21:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/668-75106812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード