FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

入間川左岸工事-3遊歩道工事の対岸(左岸)をさまよってみる 2020-12-27  

入間川左岸工事-3遊歩道工事の対岸(左岸)をさまよってみる 2020-12-27
402 水鏡_右岸から
☆IMGP5402

前回は遊歩道工事中の左岸でしたが、今回はその対岸(右岸)を歩いてみた。モチロン右岸に車道はあるのだが、川から少し距離があり川縁のことは殆どわからない。

304a 手前は遊歩道工事(左岸)、行ってみたのは対岸の川縁である。

☆IMGP5304a

前回は⇒ 入間川左岸工事-2入間川左岸工事 飯能大橋~上流側

前々回UPしたのは2020-06-27 ⇒ 入間川左岸工事 -1 飯能大橋~割岩橋  2020-01-24

360 さて、何処から川縁に降りられるかと思案していると
☆IMGP5360
行き成り藪の中に足が向いていた。

361 けもの道なのか何なのか、熊はいないだろうし
☆IMGP5361
進めそうなので行ってみる。

363 
☆IMGP5363

来てみれば影(右岸)側から光(左岸)を見る位置取りになり、工事側の風景が水面に綺麗に映っている。

364
☆IMGP5364

367 川沿いをどこまで行けるか遡ってみる。
☆IMGP5367

371 水面に気をとられていると
☆IMGP5371
足を踏み外して寒中水泳になるので慎重に

373
☆IMGP5373

374
☆IMGP5374

375 向こう側は護岸と遊歩道の工事
☆IMGP5375
正式には
「川の国埼玉はつらつプロジェクト推進工事・入間川下流工区その2」である。こちら側はプロジェクトから取り残された岩場でキツイ傾斜の川岸だ。

378 木の枝に掴まりながら撮ってみる。
☆IMGP5378

379 こんな景色が見られるとは思ってもいなかったが
☆IMGP5379
「気を抜くと危ないよ!」と、自分に言い聞かせながら進んでみる。

380 崖の真上に来た。
☆IMGP5380

381 木の実像と水鏡から反ってくる木が混映して面白い。
☆IMGP5381

382 どなたか~! 奇特な奇人がいて丸太を渡したのか?
☆IMGP5382

だいぶ古く、朽ちているが、渡ってみる。

383 一瞬眩暈がしてアッ、ア~ッと、思ったが
☆IMGP5383
丸太から落ちる瞬間ではなく、水面が風に揺れただけだ。

384 朽ちた丸橋は無事に通ったが
☆IMGP5384
行く先は何時でも寒中ドボン~が出来そうな獣道だ。

386 カモシカでも通っているのか微かに跡が見える。
☆IMGP5386
カモシカに通れる道であれば…人間が通れる?カモ知れない。

387 なんかエレェー処に出てきてしまったのか!
☆IMGP5387

388 枝を手繰り寄せながら辛うじて進んみると
☆IMGP5388

389 依然として獣道が続くが
☆IMGP5389

倒れた木が引っかかっり朽ちたようだ。

390 川の方を見る余裕が無くなってきた。
☆IMGP5390

391 振り返って見るとこんな感じで
☆IMGP5391

とても紹介や案内出来るような所ではない。

393
☆IMGP5393

394 やっと楽な所に出た。
☆IMGP5394

395 対岸から見ただけでは実際に来てみないと分からない
☆IMGP5395

396 
☆IMGP5396

397 この先がどうなるのか、
☆IMGP5397
対岸から見たときはこんもりとした森の様に見えたが、ここがどの辺なのか
このまま進んで良いのかどうか、しかし今更戻るのも大変なので

398 それで今、何とか川まで降りられないかと
☆IMGP5398

399 画像では降りられそうなのだが、これが意外と急な崖でどうするか。
☆IMGP5399
こちらから見る川の水は、対岸のそれと異なりじつに綺麗だ。

水鏡に対岸の樹木がとて美しく映り、向こう側からは想像できなかった風景が続きます。
しかしここは飽くまでも危険が伴う獣道、けしてお薦めする所ではありません。
万が一にでも行かれる場合は自己責任で判断されたい。

*** -4 に続く ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 00:48 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

tb: 0   cm: 8

コメント

ん!只の崖っぷちかと思ったら、
結構道らしくなっている場所がありますね
これは嘗てはなのか、今もなのか分かりませんが、
ここをお散歩コースにしていた強者がいたようですね
彼にしてみたら、いや彼女かもしれませんが、
まさか自分だけのお散歩コースを山人さんに紹介されているとは
夢にも思っていないでしょうね~

URL | タマチャリン #-
2021/02/04 09:38 | edit

こんばんは

無理をしないで探検してください。
丸太が渡してあるのでけもの道でなく人が歩いたところですね。
釣り人が歩いた場所ではないでしょうか。
入間川は下流に大きなダムが無いのでアユなども上がってくるのではないでしょうか。

昨日、飯能に行きました。
飯能大橋、割岩橋から工事の様子が見えました。
先ほどその様子をブログにアップしました。

URL | 西やん #-
2021/02/04 19:09 | edit

絶景ですね

今晩は山人さん
道無き道を進む、山人さんお得意の散策ですね。ちょっと危険な場所ですが、景色が無風の水鏡になっていて綺麗な絶景、御褒美ですね。その4へ続くんですか、落水して対岸へバシャバシヤッと泳いで欲しいですね。嘘ですよ(笑)、寒いのでお気を付けて散策して下さい。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2021/02/04 19:27 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
 こんばんは
なんか途中に、朽ちた丸太が渡してあったので、
年月が経っているのですが、仰せの様に誰かが歩いたのかも知れません。
変な所を歩くのは私一人ではないと少々安心しましたよ。
他にも古い丸太が横になってましたが、これは単純に倒木のようです。
当たり前ですが、今は獣道でこんな所を歩いている人はなさそうです。
もう少し楽な所であれば、エコツアーに考えてもと
思いますが、これではエライ方にお叱りは受けるし
勿論、却下されるます(笑)

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2021/02/04 21:33 | edit

Re: こんばんは

西やん
 こんばんは
仰せの様に誰かが歩いたのでしょうね。
丸太の朽ち具合を見るとだいぶ年月が経っていますので
今は歩いてなさそうです。歩いているとすれば獣でしょうか。
こちら側、右岸は岩場が川岸まで迫り、渕になっています。
子供の頃は釣りをやっていましたが、今は川の状況が変わり
アオサギに小魚がだいぶ獲られて、だいぶ少なくなりました。
大きな鯉などは残っています。名栗川ではアユを放流しています。
それにしてもアップが光のような速さで、とてもまねができません。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2021/02/04 21:34 | edit

Re: 絶景ですね

ぶらっと遡上探索さん
 こんばんは
遠くから見たのと、実際に行って見るのとは大違いでした。
現地に行ってみますと、水鏡に対岸の樹木などが
映って綺麗でした。太陽の位置関係で左岸では見られないですね。

子供のころから名栗川(入間川)での泳ぎには慣れているのですが
流石にこの時季とコロナ禍で風邪をひくのと、
川に落下するだけは避けようと必死でしたよ(笑)

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2021/02/04 21:34 | edit

コメントありがとうございます

今晩は山人さん
漸く春の気配が感じられる散策日和になりましたが、外出自粛なのが辛いですね。ワクチンが出回る迄、我慢ですね。
橋は側面から見ると表情が変わりますからね、飯能茜大橋も側面からの画だけを見せられたら判りませんよ。稚拙料理はブログ用に彩っています、実食は殆ど茶色系ですよ(笑)。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2021/02/05 20:03 | edit

Re: コメントありがとうございます

ぶらっと遡上探索さん
 こんばんは
なんか、暖かい日が続いていて年寄りにはとても過ごし易いですね。
しかし、地球の温暖化が問題になっている時、こんなに暖かくて良いのかと
少し心配になってきます(笑)
飯能茜台大橋…私の場合は特殊(変人)で工事の始まるあたりから
川に入って側面から見ていましたから(笑)

しかし、和食、中華とお店に一歩も引けをとらない出来栄えですね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2021/02/05 21:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/677-76c9336a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード