fc2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

棚田(寺坂) と 工場 2021-10-17  

棚田(寺坂) と 工場 2021-10-17 

343a 三菱マテリアル・横瀬工場
☆IMGP1343a

久しぶりに寺坂棚田に寄り道してみる。  所用の帰り、10月17日のこと。

340 
☆IMGP1340

既に稲刈りと脱穀は終わり「はざかけ」のように見えるのは脱穀後に乾して藁を有効利用するのだろう。

2016年⇒
 寺坂棚田・小雨の中を(短)2016/09/22

343 武甲山を背後に従えて
☆IMGP1343

三菱マテリアル・横瀬工場  工場がドッシリと存在感を漂わせている。

344 左上に双耳峰が見えるのは 
☆IMGP1344

横瀬(の)二子山だ ⇒
 二子山・横瀬(雌岳・雄岳)をゆく2(完)...雄岳から浅間神社

ご存じのことと思うが、埼玉には二子山が二座ある。
横瀬と小鹿野に同じ山名が存在するのだが、稀に間違う人もいるようで横瀬の二子山の気持ちで小鹿野の二子山に行くと、その落差に腰を抜かす人も居るとか居ないとか…

二子山・小鹿野 ⇒
 二子山・小鹿野-天空の浮遊路をゆく3

345 日本の山際の一景
☆IMGP1345

346 長閑な棚田と巨大な工場は対極の世界のはずだが
☆IMGP1346

ナントも妙にミスマッチを超越して
田園里山の風景に上手く納まり込んでいる。

347 前日の雨が今日の霧の元
☆IMGP1347

348 北西の方向に両神山があるのだが
☆IMGP1348

この天気のお陰で見ることは出来ない。

350
☆IMGP1350

351 ひこばえと藁乾し
☆IMGP1351

352 遠方に唯一の はざかけ がある。
☆IMGP1352

353 稲作をやれば必ず藁が出来る。
☆IMGP1353

昔はこれで草鞋を作り、縄をなったり納豆を包んだりしたものだが、今は刻んで田にすき込むことが多いようだ。藁の利用はほかにも家畜の飼料、屋根材、作物の保温材…中には恐ろしいワラ人形を作ったりする人も居ないとも限らない。

354
☆IMGP1354

◇棚田
棚田

355 巨大な雛壇
☆IMGP1355

武甲山を寄せて見ると重機のアームのような物が見える。

355a 拡大してみると中央のオレンジ色に見えるのが
☆IMGP1355a

重機のアームのようだ。

◇武甲山 
武甲山 採石

356 再び武甲山
☆IMGP1356

◇こちらは2013年02月 雪の薄化粧-武甲山
2013 02 d-d武甲山
芦ヶ久保から丸山に登った時に撮ったもので356よりも少し東から見ている。
8年も前の写真なので、雛壇が変わっている可能性がある。

357
☆IMGP1357

ここ、寺坂棚田は稲作入門者の学習の場でもある。
全くの初心者に地元のベテランが米の作り方を教え始めて20年になろうとしている寺坂棚田学校がある。

359
☆IMGP1359

私の知り合いもここで米を作っていた。交通費、手間暇、諸々を考えれば米屋やスーパーで購入した方が経済的にはよいらしいが、春から晩秋にかけて農作業に通って得られるモノの方が大きいと言うことだろう。

360
☆IMGP1360

Webによると 
棚田学校の年間の作業(行事)は4月から始まり、
11月の収穫祭までに月3回程の作業がある。
作業内容は田植え、草取り、稲刈り脱穀、収穫祭り等が年に10回
更に時季には「寺坂棚田ホタルかがり火祭り」や「彼岸花祭り」が催される。

362
☆IMGP1362

この棚田の風景に浸って親しみ、自分で食べる米を作る。
雄大な武甲山に見守られて汗をかく
現代人のストレス解消に打って付の場ではないだろうか…


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 14:22 [edit]

category: 秩父 周辺

tb: 0   cm: 8

コメント

こんばんは

寺坂棚田、一度行って見たいと思っているんですが実現できていません。
なかなか広いところですね。
ヒガンバナも有名ですよね。
ここから見る武甲山は石灰石の採掘跡が芸術的に見えますね。
この石灰石の採掘も渋沢栄一と関係しているのではないですか。
秩父鉄道もこのためにつくられたんでしょう。
寺坂棚田学校は知りませんでした。
優秀な稲作後継者が育ってくれると期待です。

URL | 西やん #-
2021/11/10 20:14 | edit

Re: こんばんは

西やんさん
 こんばんは
西やんさんが行ってないところとは珍しいですね~
棚田としては埼玉で最大級とか書かれています。
彼岸花も畦道に生えますね。
私は見たことはないのですが、ホタルかがり火祭りも良さそうですよ。
渋沢栄一ですか、セメントとか地域的にも関りがありそうですね。
棚田の学校は毎年10人程が入ってくるそうです。
知り合いの場合は本格的な就農と云うよりも、
自分で作業し作り育てたものを食するということを主としたようでした。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2021/11/10 22:20 | edit

おはようございます。
8年前の雪の雛壇凄いですね・・
今の姿見てみたいですね。

URL | 世捨て人 #Td7H96ro
2021/11/11 09:14 | edit

Re: タイトルなし

世捨て人さん
 こんいちは
この山から石灰岩を採り続けてすでに百数十年と言われています。
プロが上手く雛壇状に造ってくれました。
雪が降ったらまた見たいです。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2021/11/11 16:38 | edit

おおっ!武甲山ですね~
もう一回くらい登りたいです!
三菱マテリアル横瀬工場の異質さが際立ちますね
この風景見慣れた人や、大人は何てこと無いんですけど、
こういう景色を見慣れない子供は驚くでしょうね
というのも、実家から一時間くらいの所に東邦亜鉛安中精錬所があるんですけど、
初めてみたのはいつだったか分かりませんけど、もの凄く子供の頃ではなかったと思いますが、山の中に不気味な工場の異質さは、得も知れぬ恐ろしさをみたいな物を感じました
それが今では、あのタイプの工場があると近寄ってみたい衝動が、、、。
流石に向上特有の匂いは何とも好きになれないですけど、、。
しかし、やはり工場より田園風景がいいですね~~
子供の頃実家が農家をまだやっていた時代に私も藁を干しましたよ
あんまり家の手伝いをしない子供でしたけど、、。

URL | タマチャリン #-
2021/11/11 18:29 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
 こんばんは
この周辺ではやっぱり武甲山ですね~
おそらく、土地の人は出掛けて帰りにこの山を見ると
ほっとするのでしょう。いろんな意味で存在感がありますね。
当方は既に数十年前に一回登っただけで、当時は上から採石しているところを
見ているのですが、記憶が薄れています。
この工場の都合上、ここに造ったのでしょうが仰せのように
棚田の向こうで異質を放っていますね。
タマチャリンさんも子どもの頃は恐ろしいものが有ったのですね。
当方のは何もないところで育っていますから、都会に出て人の多いのが
恐かったですね(笑) 地形の関係で田は無く畑でしたね。
だから稲は少量を陸稲と言うやつでした。稲の藁よりも麦の藁が多かったですわ。
小麦、大麦、コンニャク、ジャガイモ、サツマイモ、ショウガ、落花生…
野菜もいろんなものを作っていました。
シッカリ親に教わっておけばよかったと今更後悔ですが。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2021/11/11 22:42 | edit

二子山

こんばんは~
武甲山は削られてビラミッドのような特異な形ですし、その前に見えるあの工場も目立ちますし、
今ではなんだか武甲山方面の風景の特長のような感もありますね。
今回、2つの二子山にも話が及んでいますね。
最近初めて、小鹿野二子山へ行ってきました。
一般コースのガイドブックにほかの山々と並んで案内されていたので気楽に向かったら、
これはもうすごい岩山で、東岳も東峰も西峰も縦走周回するのは、私にはおおごとで、
股峠下の登山口から、中央峰だけを往復してきました。
編集公開できるのは今の名城めぐりが終わってしばらくしたらで、年末くらいになりそうです。(笑)

URL | ふさじろう #-
2021/11/13 21:19 | edit

Re: 二子山

ふさじろうさん
 こんばんは
武甲山は近くで見ると人が造った異様さと存在感が凄いですね。
山の裾野をバックブラウンドにして工場の色が目立ちます。
この周辺ではやっぱりこの山が盟主的な役割を果たしているように
思えます。
小鹿野の二子山に登られましたか!!
他の山からここを見るとツノが生えているような感じですね。
行ってみると双耳峰が四耳峰でした。
確かに行きなりこの山に行くと、モチロンその人の(私の様な幼い時から山猿)育った
環境に依るのでしょうが、凄いねと思いますね。
また行ってみたいと思います。公開を楽しみしています。
ふさじろうさんは実に精力的に動かれてますね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2021/11/13 23:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/723-dc894ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード