fc2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

柏木山-2 頂~ 2024 02 11  

柏木山-2 頂~ 2024 02 11 
023 有間峠付近
cP1077023.jpg

前回は茜自然広場からジャンダルム尾根(誰が名付けた?)に上がりました。
今回は柏木山の最後の坂を登り頂へ 
山自体が初心者コースで、実際誰でもアット言う間に登れます。
柏木山-1 ジャンダルム尾根~ 2024 02 11

991 さて、頂上に到達です・・・なんって大袈裟なところではありません。
cP1076991.jpg

今はだれでも数十分もあれば登れます・・・ですが、その昔は道が分からなかったし、無かったのです。
◇山桜が咲いていた12年前の頂上、誰もいません。
2011 04 14柏木山初登頂2

開発中の工業団地に隣接していて(工事の邪魔だって通れなかった・・・当方の被害妄想かな)それが10年も経たずにあちらこちらにルートが造られて、藪漕ぎしなくても登れるようになったのです。
◇竹は12年前、石標を引き上げ時に使ったソリ🛷の枕木(竹)
2011 04 16柏木山 初登頂1

因みに十数年前に柏木山の山名を聴き、検索したり地図で調べたりしましたが、よく分らず、闇雲に足任せで下畑(南高麗・成木川側から結構長い)から登ったのですが、道が分からずに藪漕ぎを経て何とか頂に辿りつきました。その時代には大河原(入間川川)や赤根ヶ峠側から繋がる道は閉ざされていました。
それが、柏木山をこよなく愛される人(達)によって短期間に迷路(立派なルート)が造られ多くの人に登るようになりました。

992 北東・日和田山、鳥居が微かに見えます。
cP1076992.jpg

993 筑波山
cP1076993.jpg

994 
cP1076994.jpg

995 見慣れた奥武蔵の山並み
cP1076995.jpg

998 西方
cP1076998.jpg

999 南西、奥多摩の山並
cP1076999.jpg

002 西武ドーム
cP1077002.jpg

005 遠方に薄く房総半島が見えています。
cP1077005.jpg

012 あさひ山展望公園、工業団地、駿河台大学
cP1077012.jpg

014 南東
cP1077014.jpg

019 苅生村誌によれば「高ドッケ山 トアリ」と刻まれています。
cP1077019.jpg

020
cP1077020.jpg

024a
cP1077024a.jpg
頂上には景色を眺たり、昼食を摂っている人たちで30名程、今日は今までに登った中で特に人が多い日でした。
025
cP1077025.jpg

当方が登って来るとき、追い抜いて行った人が5名、既に下山の人が20名程、更に当方の下山時に登って来る人20人ほど、当方が抜いた人4名・・・他のルートからや、時刻の差で更に増え、計算が難解ですが、100人以上は登っているでしょう。
028 さて、頂に15分程いて、下山です。
cP1077028.jpg

029
cP1077029.jpg
来た道をそのまま帰ります。

030
cP1077030.jpg

037 グーグルレンズに尋ねましたが、誰だか分かりません・・・
cP1077037.jpg
羽根がだいぶ欠けて、痛々しい姿です。

039 谷の道との分岐まで戻りましたが、
cP1077039.jpg
やはり、残雪に腰が引けてジャンダルム尾根を下ります。

040 これから頂に向かう人たちに数組と行き違いました。
cP1077040.jpg

042
cP1077042.jpg

043 帰路のジャンダルム尾根から
cP1077043.jpg

051 最後の折り返し
cP1077051.jpg

052
cP1077052.jpg

053 登山口、茜台自然広場に到着
cP1077053.jpg
今回、山頂からの遠望は良い状態ではありませんでした。しかしジャンダルム尾根から西方、残雪の山並みにが見えたので、マアマアと云うことにします。
◇これから登られる方に「タブノ森」と「シダの道」を通ることをお薦めします。


◆#
◆奥武蔵・飯能情報ランキング  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 19:35 [edit]

category: 美杉台・大河原・南高麗

tb: 0   cm: 6

コメント

コメントありがとうございます

今晩は山人さん、拍手コメントありがとうございます。
冬場は遠景が綺麗なんですが、暖冬なので湿気が邪魔するんですかね。
037の蝶々、Google検索の画像検索窓に此の写真をアップロードすると、ムラサキシジミと出ましたよ。グーグルレンズで判らない時は、Googleの画像検索が便利ですよ。

本日シルバーデーでしたので、東京都現代美術館へ遊びに行きましたが、小雨混じりで寒かったです。昨日も出掛けましたが、寒暖差が15℃もあり左手には手袋でした(笑)。
野火止用水は小川ですが、周囲の雑木林保護とセットで流路が復活しているので、地味な橋も自然に溶け込んで良い状態で散策出来ました。残り2回、次弾は都内の運河です。認証用のキーワード6666でした、何か良い事が起こりそう!

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2024/02/21 22:57 | edit

柏木山

標高300mほどの山なのに見晴らしがいいですね。
地図を見ると龍崖山に近いようです。
2,3ガイドブックを見ましたが、柏木山は出ていません。
隣りの龍崖山は行ったことがありますが、柏木山はありません。
行きたいと思ってガイドブックを探したのに残念です。
少し暖かくなったら行ってみたいです。
それまでにパンフレットなど探してみようと思います。

URL | 西やん #-
2024/02/22 20:48 | edit

ここ数年で特に人が増えましたね
私が山人さんに柏木山を教えて頂いて初めて行ったのは2016年ですが、
その頃は滅多に人に会わない静かな山でしたけど、、
今はもう原宿ですね。
今は道も山頂も整備されて人気のスポットなのも納得出来る雰囲気ですね
ただ、、12年前の写真いいですね~私はこっちのほうが好みです。
八王子にも船子尾根の頭という以前ブログで紹介しましたが
見晴らしが凄く良いのに誰も来ない場所がありますが、
こういう場所がいつまでも人知れず残ってくれると良いなと思っているんですけど、
まぁ、、そんな事を思いながら、ブログに書いてたら、そりゃぁ、見た人が来て
いつの間にやら人気スポットってなっちゃいますね。

URL | タマチャリン #-
2024/02/23 11:24 | edit

Re: コメントありがとうございます

ぶらっと遡上探索 さん
 こんばんは 
仰せお通りかもしれませんね~
この日は暖かく、湿度が上がってダメダメでした。
蝶の件、お調べ頂きありがとございます。ムラサキシジミで画像を見ると
マッタク同じようですね。今の時季、越冬しているのですね。
それにしても羽根の外側が欠けていて、痛々しいです。
画像検索窓・・・これもありがとうございます。
便利そうでやってみようと思います。
一時、新座市の野火止という地名のところにいたことがあります。
当時は何も思いませんでしたが、用水は長いこと流路の周辺に恩恵をもたらしらのでしょうね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2024/02/23 21:45 | edit

Re: 柏木山

西やん さん
 こんばんは 
おっしゃるとおりです。
標高303mですが、南側を中心にして広角の展望あります。
柏木山は龍崖山の隣で、茜台自然広場からの登山口(登山口はす数ヶ所あります)は
龍崖山の登山口からも近いです。
龍崖山は入間川側からすぐに登れますが、柏木山は2~3倍の歩く距離があります。
急坂などのきついところはありません。
分かり易いルートは入間川側からの茜台自然広場からの入るのが良さそうかと思います。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2024/02/23 21:46 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
 こんばんは
初めて行かれたのが2016年ですか、既に8年とは早いものですね。
仰るとおり、その頃はまだまだ知られていませんで、
人はほとんどいなかったようです。
多くの人に知られて、登られるようになったのは数年前からでしょか。
それもこれも、著名なタマチャリンさんのおかげ、全国区になったからでしょう。
コースや頂きのオブジェが?市議会でクレーム付けられて、だいぶ撤去させられましが
あれがあっての柏木山という人もいます。そういう経緯があるのか、なかなか市が柏木山を
ハイキングコースとしては認めてないような、いるようなで、案内板には表示されていません。
タマチャリンさんが登られた時に、おっちゃんと遭遇?不思議な体験をなさいましたね
記憶に残っています。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2024/02/23 21:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/842-f376afd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード