好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

大霧山-定峰峠をゆく2  

大霧山-定峰峠をゆく2
(2月の記録、一ヶ月遅れのものです)

◇前回
大霧山-定峰峠をゆく1 からの続きです

▽781 
☆R1041781

▽772 右に高原牧場の柵を見ながら尾根道を行きます。10:40
☆R1041772

柵の向こうは笠山、堂平山方面
▽776 ロープ伝いに急坂をくだる10:57
☆R1041776

▽779
☆R1041779

▽782 大霧山 西・北・東の視界が開けます。11:07
☆R1041782

残念ながら靄が出ているためにクッキリとした見通しではありませんが、北西の
遠望には雪を装う浅間山が目に入ります。

▽784 北側の残雪
☆R1041784
▽786 西方面 両神山 二子山
☆R1041786

▽788 
☆R1041788

▽789
☆R1041789
▽796
☆R1041796
▽797 西端は武甲山
☆R1041797
▽798a 秩父市街 ハープ橋
☆R1041798a
ここから見ると秩父の街は急峻な山に囲まれている様子が良く分ります。

▽799 浅間山
☆R1041799
山頂からの展望を楽しんだ後、昼食にはまだ早いので取あえず旧定峰峠まで戻り、
そこから先は笠山へ行くかどうかの判断をすることにしました。

順調に行ければ旧定峰峠-定峰峠・茶屋-白石車庫-笠山-白石車庫-経塚

▽804 落葉樹の尾根をゆきます。12:14
☆R1041804

▽806 獅子岩 頭部を左にお尻を右にして横たわっています。その様に見えます。12:16
☆R1041806

▽808 獅子岩の先から雪道に入ります。12:21
☆R1041808

▽809 ここがピークの様です。12:30
☆R1041809

▽812 植林された下りの坂12:37
☆R1041812

▽813 定峰峠(新)へ到着12:39
☆R1041813

▽814 ここで暫し昼の休憩です。
☆R1041814

旧定峰峠から茶屋の定峰峠までは途中の獅子岩の前を通り2、3のピークを越え
ます。
時折左下に林道を見ながら針葉樹と落葉樹の尾根をいくと、最後のピークは心地
よい残雪の坂道があります。最後のピークを登りつめると針葉樹の森に入り、
あとは一気に茶屋まで下るだけです。

▽815 昼食をすませて白石車庫まで下ります。
☆R1041815

▽817 白石車庫
☆R1041817

▽818 前方は笠山、堂平山方面13:38
☆R1041818

▽821 笠山への登山口がわからず?
☆R1041821
▽823 笠山への表示 
☆R1041823
さて、定峰峠にて昼食を摂りこれから笠山へ行けるか考えてみましたが、事前の
調べがあまく結論がでません。定峰峠からは尾根とピークを辿り堂平山経由にて
笠山へ行くコースと、白石車庫まで下って笠山へ登るコースの二つが有ります。

迷いましたが時間的なことから白石車庫まで下り、笠山へ登りなおした方が良さ
そうと判断し、定峰峠から白石車庫まで行くことにしました。
 しかし約40分をかけて白石車庫に着いたのですが、笠山への入山口を探すの
に手間取り、かなりの時間を失ってしまいました。地図を見ても案内標識を見て
もなかなか分らず、時間的なことから断念することとなりました。
 14:20に何とか笠山への登山道を見つけることが出来たのですが、今回は笠山を
諦めて次の機会に堂平山と笠山2座を歩くことにします。
 
 後で考えてみると、定峰峠から笠山へは堂平山経由の尾根伝いを行くのが自然の
様な気がします。
地図で見た限りでは白石車庫まで下って再び笠山へ登る方が距離的に近そうですが、
やはり尾根伝いに眺望を楽しみながら行く堂平山の方が良いでしょう...
(行ったことのない素人の考えですが)
笠山は今回の大霧山と堂平山を含めて比企三山と言われて云われているようで、
次に来る場合には堂平山から尾根伝いに笠山に歩こうと思います。

今回の課題、事前の調べることの精度を上げること、地図読みの力を付けることが
挙げられます...それに実はコンパスもまだ使いこなしてはいません。

◇今回辿ったコースは、険しい上り下りも無く、また危険を感じる所も無い安心
できる道でした。
旧定峰峠までは眺望の無い針葉樹の間を歩きましたが、そこから10分も上がると
道は嬉しい残雪の道になりました。
尾根を進むにつれて東側が開けて、笠山から堂平山方面が視界に入ってきます。
大霧山の頂はもとより、その手前の尾根伝いの眺望もなかなかのものでした。
また、風の条件などが良い時には、上昇気流に乗った色鮮やかなパラグライダーを
見つけることができるかも知れません。

◆☆~飯能の新風景 ◆☆~ 
▽233 柏木山と奥多摩の山々をバックに奥武蔵-山岳工業団地...☆DSCN0233山は突然出来た訳ではない。
昔から山はあったのだが...
奥武蔵で生まれ育ったのに、これほど山に囲まれているのか!!
と、分ってきたのは最近のことです。
(この風景を見に行くときは自己責任で行って下さい)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 00:55 [edit]

category: 秩父 周辺

tb: 0   cm: 8

コメント

おはようございます。

大霧山に行こうと思って昨日あれこれ検索して、こちらのブログも読ませて頂いてました。

そうしたら、今朝自分のブログにコメントを頂いていたので、びっくりしました。

FC2のブログって、閲覧の足跡が残るんでしたっけ?
もし偶然だとしたらすごいですね。

URL | まるこ #-
2013/03/30 10:00 | edit

まるこさんRe: タイトルなし

こんにちは まるこさん
 当方のブログへ訪れて戴いた方の記録が
残っていまして、まるこさんのブログを訪問
いたしました。
 まるこさんのところは、とても素晴らしい山々の色でしたよ。

>もし偶然だとしたらすごいですね。

私が大霧山へ行ってやっと記事にいたしましたその訪問戴いた
ときの記録からそちらを訪ねてみました。
だいぶ山歩きをされている様で素晴らしいです。

丸山の次に見晴らしの良さそうな山を探して大霧山に行ってみましたが、
さすがにもう雪はないかと
思います。
もし、大霧山へ行かれましたら次は丸山へも行かれる
ことをお薦めします。
 ありがとうございますした。

URL | 奥むさしの山人(やまびと) #-
2013/03/30 18:08 | edit

名文だァ…!

今回も素晴らしい写真の数々、ありがとうございました。

また、以下の文章も気に入りました。まさに、名文です(〝迷文〟の方ではありせん、念のため…)!

------
山は突然出来た訳ではない。
昔から山はあったのだが...
奥武蔵で生まれ育ったのに、これほど山に囲まれているのか!!
と、分ってきたのは最近のことです。
------

ジョージ・マロリーが「なぜ、あなたはエベレストを目指すのか」と問われた時、「そこに山があるから(Because it is there. )」と答えたちゅうけど、山人さんのはマロリーのそれを超えた名文かも…。

URL | 亀さん #/vhN05n6
2013/03/31 17:45 | edit

Re: 名文だァ…!

亀さん 様

いつもご覧戴きましてありがとうございます。
写真も文も、
その道の方々から見れば、
あまりにも拙いもので
亀さん様にそう云われるますと
背中が汗びっしょりになります。

写真は安物のコンデジで、ただ枚数を撮っているだけです。
記事に至っては 句読点を何処へ置くの?と言うレベルで
それも間違いがたくさんあり、後から直してまた間違えて
いたり、気がつかずにいたりで
なんか、恥さらしのために
書いていることが...最近分ってきました。

URL | 奥むさしの山人(やまびと) #-
2013/03/31 19:20 | edit

(*◕ฺω◕ฺ)こんにちわ 足跡から来ました
拝見したら なんだか聞いたことのある山の名前がいっぱい。
登山には興味はあまりないので行ったことはないのですが

登ったらこんな景色が見えるのですね!
見せてくれてありがとうございます

また来させていただきます<(_ _)>

URL | らん #-
2013/04/03 07:20 | edit

らんさんこんにちはRe: タイトルなし

らんさん こんにちは
 コメントありがとうございます。
らんさんのところを拝見いたしましたら
飯能と近場のところが沢山載せてありました。
毎日まいにち記事をお書きになって写真を撮られて
素晴らしいです。
 また幅広く色々な情報が載せてあり
当方が知らなかった場所も分るようになりました。
また拝見いたします。



> (*◕ฺω◕ฺ)こんにちわ 足跡から来ました
> 拝見したら なんだか聞いたことのある山の名前がいっぱい。
> 登山には興味はあまりないので行ったことはないのですが
>
> 登ったらこんな景色が見えるのですね!
> 見せてくれてありがとうございます
>
> また来させていただきます<(_ _)>

URL | 奥むさしの山人(やまびと) #-
2013/04/03 22:12 | edit

とても素敵なブログですね。

ゆっくり、過去記事を楽しみながら、新しい記事をお待ちします。

URL | イーグルス16 #-
2013/05/06 06:54 | edit

イーグルス16 さんRe: タイトルなし

イーグルス16 さん
 こんにちは
当ブログをご覧頂きありがとうございます。
気ままに書き始めてやっと一年になりました。
ウォーキング、トレッキングの実践を
書いているつもりですが、基本的な知識など
殆んど無く、
勝手気ままに歩いて、
それも表現力乏しく書いております。
 見て頂いて、そこを歩いてみたいと
思われる方がいれば幸いです。
 ありがとうございました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2013/05/06 14:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/86-6c943fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード