好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

奥多摩・川苔山をゆく(2)  

奥多摩・川苔山をゆく(2)

▽843 百尋の滝
☆R1042843
奥多摩・川苔山をゆく(1)  からの続きです。

早朝、青梅街道を突っ走り、「鳩ノ巣駅」から電車で終点の「奥多摩駅」へ、
そこから臨時バスに乗車し川乗橋で下車。林道を細倉橋まで歩き、登山道へ…
谷沿いの道を進み徐々に高度を上げていきます。

▽831 谷を渡ります。9:42
☆R1042831

細倉橋から谷沿いを進み30分程すると、一旦下り木橋を渡って谷を越えます。

▽832 左岸に出て、ここから急登が始まります。
☆R1042832

▽834 先の梯子を降りて百尋の滝へ9:56
☆R1042834

▽837 百尋の滝
☆R1042837
川苔山へのルートを一旦外れ、左への急な梯子を降りると落差約40mの百尋の
滝(ひゃくひろ)の前へ出ます。
周囲を若葉に囲まれ見事な滝がその存在感を示します。
 今の新緑の時もよいのですが、秋の紅葉の季節もまた良さそうです。

▽848 滝から登り直し、川苔山山頂を目指します。
☆R1042848

▽850 富士山が垣間見られました。10:34
☆R1042850

▽856 分岐10:45
☆R1042856

▽862 十字路11:32
☆R1042862

百尋の滝から据えられている梯子を登り返し、急登の道を約1時間半かけて十字
路に到着です。
長い登りを休憩をとりながらユックリと歩いてきましたので、思ったより時間が
かかりました。
ここから山頂まで、あと僅か200mです。急ぐことはありません。
ベンチに腰を下ろして汗を拭いていると、ひとり、ふたり、団体と続々と登って
きます。頂上での昼食時間に合わせてラッシュの様です。

▽868 緩やかな坂の先が川苔山の頂です。
☆R1042868

▽869 山頂へ到着、かなり広いです。
☆R1042869

先着の方々をざっと数えると50、60人がいます。その後も続々と登ってきま
す。

▽870L 川乗山の表示、次の画像のように川苔山の表示もあります。
☆R1042870L川乗山の表示

▽870R 川苔山(山頂では川苔山と川乗山の表記がみられます)
☆R1042870R川苔山

▽871 山頂から 西側の展望が開けています。大菩薩嶺でしょうか…
☆R1042871
▽874 南西遠方には富士が美しく端正な姿を見せてくれます。11:48
☆R1042874
▽879 山頂から
☆R1042879
▽880 混雑のために、山頂から少し戻り脇へ入ったところで昼食です。
☆R1042880

山の昼食はどう云う訳かいつもおにぎりが合います。おにぎり以外には考えられ
ないですね。それと漬物、これがまた美味しいこと…
途中の行動食はパンや飴、菓子類などですが、私的には昼食はやはりおにぎりに
勝るものはないですね。
良い時間に昼食をすませ、眺望を楽しんだ後は十字路まで戻り、登ってきた左手
の反対側の右斜め前の道を選んで、「大根山の神」経由にて「鳩ノ巣」へ向います。

▽883 鳩ノ巣へ
☆R1042883

▽888
☆R1042888

▽889 大根山の神14:14
☆R1042889

▽897 ゴール間際14:43
☆R1042897

鳩ノ巣の駐車場には15時頃到着しました。
今回の川苔山は朝8:13頃に川乗橋のゲートを歩き始めて、細倉橋から谷沿いの
道を進みました。
登山道は新緑の中を谷越えの木橋を幾つも越え、美しい流れの谷川を見ながらの
とても変化に富んだ道でした。
また百尋の滝や川苔山の山頂からの眺望は南から西側が開けていて、富士から
大菩薩嶺、雲取山などをとても美しく見ることが出来ました…帰路は…それな
りに、特に終盤は針葉樹林とガレの所謂修行の道と云ったらよいでしょう。
それもまた山歩きには付き物の鍛錬の場と思えば感謝の道と化しますが…
(その鍛錬の成果が実社会で活かされるのはいつなんだ...ノイズが聞こえてきます)
 
◆さて、次は奥武蔵か再び奥多摩かと迷うところであります。

◆☆~飯能の新風景 ◆☆~ 
▽940 峠に入れない峠入口 不思議な停留所 
☆R0012940
昔はここから赤根ヶ峠に行けたのだろうか?
(この風景を見に行くときは自己責任でおねがいします)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:30 [edit]

category: 奥多摩 1

tb: 0   cm: 4

コメント

川苔山か…、懐かしい!

二十代の頃に社会人の山岳部に入っていた関係から、毎週のように山歩きをしていました。川苔山もその一つでした。以前から聞いてみたいと思ったのですが、川苔山から飯能へ山道で行くことはできますか?

ブログを立ち上げて一周年とのこと、誠におめでとうございます。小生は今年の1月ですから、何とか今年の大晦日までは続けたいと願っています。

今後ともどうかよろしくお願いします。


亀さん

URL | 亀さん #FlJCcfGk
2013/05/14 11:20 | edit

Re: 川苔山か…、懐かしい!

亀さん さま

亀さんの青春は山男でしたかあ

川苔山から飯能までは可能ですよ。

まず、
川苔山から日向沢の峰へ
そこからは
①有間峠を目指すか
長尾ノ丸から
②槙ノ尾山へここを下れば有間川から名栗湖です。
③槙ノ尾山から棒ノ嶺でもいいですね。

②が一番速いです。

亀さんのブログはすごいです。
とても真似の出来るものではありません。
人生、社会...私には表現仕切れない
広さとグズグズとたっぷり時間をかけて煮込んだ
味わいがあります。

今後ともよろしくお願いいたします。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2013/05/14 21:43 | edit

私も川苔山と聞くと、懐かしいの思いになります。
30年以上も前のことなので、一緒に登ったメンバーの断片的な記憶が残っていますがコースはすっかり忘れてしまいました。
奥武蔵の山人さんの文と写真で、部分的におぼろげに浮かんでくる状況です。

歩くには一番良い季節ですね。
良い歩きと素敵な文を楽しみにしています。

URL | りょうちゃん #-
2013/05/16 16:50 | edit

りょうちゃんさん

こんばんは 
川苔山は良かったです。
新緑の谷沿いの道は素晴らしい若葉いろでした。

いつもりょうちゃんの花シリーズ
爽やかな記事楽しみにしています。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2013/05/16 21:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/99-52b210e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード